ドローン許可申請でお困り方に、JDA公認の行政書士がお手伝いします。

ドローンの可能性は、ホビーの世界から産業・エンターテインメント、最近では配達の世界へと大きく広がっています。
ドローンの飛行はどこでも自由に行える訳ではなく、飛ばす場所やフライト内容によっては、国土交通大臣や空港事務所長からの許可や承認が必要となります。
先ずはご自分で、許可や承認申請を行ってみることをお薦めしますが、どうしても難しいとか、手続きしている時間がないとかいう場合は、申請代行致しますのでお問い合わせ下さい。

申請内容によって値段が多少変わってきますので、まずはご相談ください。
相談無料お問い合せはこちらから

許可申請が必要な3つのケース

下の図のように、許可の取得が必要なパターンは3つに分けられます。

(A)空港等の周辺(進入表面等)の上空の空域
(B)150mm以上の高さの空域
(C)人口集中地区の上空
等の飛行に支障が出る可能性がある場合は、国土交通大臣や空港事務所長の許可が必要になります。
この許可申請は、上記の飛行空域によりその許可申請先が異なります。

許可申請が必要な3つのケース
出典:国土交通省ホームページ (http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html

 

では、人口密集地や空港周辺の高度制限等はどのようにして知ることができるのでしょうか?
行政が地理院地図というツールを用意してくれていますのでここで確かめましょう。
※この人口集中地区の事を「DID地区」と表現することもあります。

didmap
※地理院地図参照→(http://maps.gsi.go.jp/#8/35.563512/140.339355/&base=std&ls=std%7Cdid2010&disp=11&lcd=kokuarea&vs=c1j0l0u0f0&d=vl)

承認申請が必要な6つの飛行

下の図のように夜間の飛行であったり、目視外であったりとドローンを飛行させるのにより危険性を伴う場合は、「国土交通大臣の承認」が必要になります。

  • 1.夜間飛行
  • 2.目視外飛行
  • 3.30m未満の飛行
  • 4.イベント上空飛行
  • 5.危険物輸送
  • 6.物件投下

承認申請が必要な6つの飛行
出典:国土交通省ホームページ (http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html

注-1)空港周辺を夜間飛行するような場合は注意が必要です。

・空港周辺の許可申請は、管轄の空港事務所へ。
・夜間飛行の承認申請は、国土交通省へ。
それぞれ申請が必要になります。