JDAドローン操縦士認定試験(JDA Drone pilot authorized examination)

ドローン操縦士技能証明とは

JDAドローン操縦士技能証明書とは、 日本ドローン協会が、個人のドローン(マルチコプター)パイロットしての技能を客観的に評価し認定する民間の学科・実技試験です。
認定の目的別に以下の3つのクラスに分かれています。

それぞれの違いは以下の通りです。

1. 自家用操縦士技能証明書
趣味でドローンを飛ばしたい初心者の方や、これから事業用操縦士を目指そうとする方に対して、最低限の基本的知識と技能を持つドローンパイロットに対して認定するもの。
※ ドローン飛行時間10時間に達していない方は、JDAの指定するシュミレータ又はトイドローンによる飛行も可能です。

  • 検定に使用する機体:自己または所属する団体所有の無人航空機で、200g未満の模型航空機、またはDJI社Inspire、Phantomクラス以上のドローン
  • 検定に使用する場所:屋外の施設、または体育館 / フットサル場のような屋内施設

2. 事業用操縦士技能証明書
ドローン飛行時間10時間以上を有しており、報酬を受けて(事業として)操縦を行うことができるレベルのドローンパイロットに対して認定するもの。
確実に側面及び対面ホバリング、並びに上空での水平飛行、360度旋回飛行が出来る方対象となります。自信の無い方は初級クラスから受講する事をお勧め致します。

  • 検定に使用する機体:自己または所属する団体所有の無人航空機で、DJI社Inspire、Phantomクラス以上のドローン
  • 検定に使用する場所:屋外の施設、または体育館 / フットサル場のような屋内施設

3. インストラクター技能証明書
ドローン飛行時間50時間以上を有しており、

  • 事業用操縦士の資格を有する者が行うことができる行為
  • 人に教えることができる知識と技能
  • 空撮のスキルがあると認めた方に対して個人面接を実施後、JDAが認定するもの
  • 検定に使用する機体:自己または所属する団体所有の無人航空機で、DJI社Phantom、Mavicクラス以上のドローン
  • 検定に使用する場所:屋外の施設、またはフットサル場のような屋内施設

  • ※ 上記の証明書は、学科と実技の両方を合格した方にのみ発行されます。
  • ※ 学科についてはJDAの学科講習と学科試験に合格する必要があります。ただし、ドローン検定協会(株)と当協会は提携していますので、ドローン検定3級以上を持っている方は学科を免除いたします(その場合、合格証明書をご提示下さい)。
  • ※ 上記、すべて国交省の指定するレベルの基準を満たす内容の試験内容として作成しています。

ドローン操縦士認定試験の内容

ここでは最短のコースである2日間のコースについて説明します。

一日目
学科講習、学科試験、翌日の技能試験内容説明と練習。
学科は下記の内容を学びます。
①基礎知識 ②航空法 ③電波法 ④プロポ ⑤気象 ⑥バッテリー ⑦安全飛行について ⑧ドローン制御 ⑨その他実戦で役立つTips
講習後に筆記試験。
※ 学科講習を受講される方には、翌日屋外飛行場での実技講習の為に、会場(屋内)にてトイドローンでの体験フライトもできます。
二日目
試験課目のデモフライト、技能講習、自主練習、技能試験
下記の内容を学びます。

  • 自家用操縦士技能証明書(初級クラス)
    離陸、前進後進、左右移動、着陸
    ※ 基本GPSなしでのフライトになります。ただし風が強いと判断した場合はこの限りではない。
    ※ 技能検定内容の演目の詳細は、申し込み後入金された方へメールに添付してお送り致します。
  • 事業用操縦士技能証明書(中級クラス)
    ホリゾンタルトライアングル、ピルエット、水平飛行20m、360度旋回飛行
    ※ GPSなしでのフライトになります。
    ※ 技能検定内容の演目の詳細は、申し込み後入金された方へメールに添付してお送り致します。
  • インストラクター技能証明書(上級クラス)
    720度ピルエット、8の時飛行2種類、バーチカルトライアングルwithピルエットの2種類
    ※ GPSなしでのフライトになります。
    ※ 技能検定内容の演目の詳細は、申し込み後入金された方へメールに添付してお送り致します。

参加資格と注意事項

  • 小学生以上の方は、国籍、性別関係なく誰でも受講・受験が可能です。ただし外国国籍の方は英語でコミュニケーションが取れる方に限ります。また、小学生の方は保護者の同伴が必要です。受験までに総飛行時間が10時間以上の方(飛行時間がわかるログブックを提示下さい)。達していない方は、JDA認定の場所にて、シュミレーター又はトイドローン等で指定時間まで訓練して下さい。
  • ドローン保険に加入されている方。
    JDA会員の方はドローン保険に加入されているので、JDA会員証を提示するだけ大丈夫です。
    非会員の方は、一般財団法人日本電波安全協会発行のラジコン保険、若しくはそれに相当する第三者賠償責任保険に加入加入していることを証明できる書類をご提示下さい。
  • 全く初めてドローンを飛ばされる方、又はフライト経験が少ない方は必ず初級クラスから受講して下さい。当日初級及び中級クラスの両方を受講する事は出来ません。
  • 中級クラス以上を受講される方は、確実に側面及び対面ホバリング、並び上空飛行が出来る方対象となります。自信の無い方は初級クラスから受講する事をお勧め致します。
  • モードについては、基本日本で多いモード1で教えますが、モード2で慣れている方は2でも問題ありません。技能検定においても、どちらのモードで行っても大丈夫です。

費用

学科講習と学科試験、実技講習と実技試験の両方
  • 自家用操縦士技能証明(初級クラス): 一般70,000円 JDA会員60,000円(税込)
  • 事業用操縦士技能証明(中級クラス):一般80,000円 JDA会員70,000円(税込)
  • インストラクタ技能証明(上級クラス):一般 90,000円 JDA会員 80,000円(税込)
実技講習と実技試験のみ
  • 自家用操縦士技能証明(初級クラス): 一般45,000円 JDA会員40,000円(税込)
  • 事業用操縦士技能証明(中級クラス): 一般55,000円 JDA会員50,000円(税込)
  • インストラクタ技能証明(上級クラス):一般 65,000円 JDA会員 60,000円(税込)
学科講習と学科試験のみ
  • 自家用、事業用、インストラクター全て同じ内容です。 一般25,000円 JDA会員20,000円(税込)
    ※ 学科の試験のみというのはありません
実技試験のみ
JDAの実技講習と試験を受けたが不合格になった方は、追試という形で下記の値段にて、実技講習なしの試験のみの受験が可能です。

  • 自家用操縦士技能証明(初級クラス): 一般10,000円  JDA会員 8,000円(税込)
  • 事業用操縦士技能証明(中級クラス): 一般20,000円  JDA会員 16,000円(税込)
  • インストラクタ技能証明(上級クラス): 一般 30,000円 JDA会員 24,000円(税込)

JDAドローン操縦士技能証明を受験するには

  • 1. JDA主催の全国一斉試験を受験する
    ※ 次期については、HPにて随時ご案内します。
  • 2. JDA公認団体の技能検定講習試験を受験する
  • 3. JDA主催の臨時試験を受験する
    ※ 希望者が多い場合は随時開催します。次期については、JDAサイトやFacebookにてご案内します。

その他

合格者には後日、一般社団法人日本ドローン協会発行の技能証明書カードを発行します(到着まで約1ヶ月の時間を頂いております)

初心者向けドローン講習会

ドローンは買ったけど設定や飛ばし方がよくわからないので教えて欲しいという方向けに、初心者ドローン講習会を平日に限り半日コースで実施します。
飛ばす場所が近くにある場合は、出張サービスあり(交通費は別途)。

[内容]
  • ドローンの基礎知識
  • アプリの設定方法、飛ばし方
  • フライト実実習
[ 参加資格と注意事項 ]
  • Phantom3又はPhantom4をお持ちの方
[費用]
一般:50,000円  JDA会員:40,000円

※申し込み又は問合せは下記フォームよりお願いします。

◆JDA公認団体について

JDAでは今後、公認団体を増やしていく予定にしております。
ドローン講習会や、技能試験をJDAのマニュアルにそった形で行ってもらいます。
JDA公認団体として活動したい、又はご興味のある個人・法人は、ぜひ下記フォームよりお問い合せ下さい。

お問合せはコチラから